年収2,600万、現物資産2億円メソッド

失敗しない不動産投資の術策をお届けします!

音声入力でブログを書いています

 

 

f:id:integralfirm:20190222144509p:plain

タイトルが一発変換されてびっくりしました

いつもはパソコンで入力していますが、携帯から Google 入力をインストールして

しゃべっています。

 

初めはパソコンで音声入力をしようと思って、Microsoftの音声入力を試してみました。

しかし、音量の感度が悪くてまともに聞き取れませんでした。

 

一言で言えばくそでした。

 

 

この両アプリの性能差は一体何なのでしょうか。

 

 

漢字変換の精度が人間より優れている

目次や段落構成、それに句読点改行など、細かいところは

後から修正すればいいと思っていました。

一番手間がかかるのが漢字変換です。

 

あまりにも漢字変換ができない、あるいは聞き間違えられると、

手打ちした方が早いというそもそも論になってしまいます。

 

しかし、今この段階でも、アプリの漢字変換能力は100点満点です。

 

感動を通り越して正直ドン引きしてます!

ドン引きの変換に草が生えちゃいました。

 

他の人のブログを見ると

Google の音声入力を皆勧めている記事が多かったです。

逆に、喋ると手紙らしさが出ないという意見もありました。

 

しかし人はキーボードで文字を打つ時や、ペンで文字を書くと、

頭の中で音から変換しています。

 

ですから本人が意識をすれば、音声入力でも手紙らしい文章を作ることはできます

音声入力を使いこなしている人は 句読点や装飾なども できるのでしょう。

自分は、変換が正しい文章さえ入力できればいいと思っていましたが、

音声入力の凄さに 感動しちゃいましたので、調べて使いこなせるように

したいと思います。

 

何事もやってみないと始まりませんから。

人生って一度しかありません。

食わず嫌いは損します。

 

とはいうものの、私はブラインドタッチができません。

人差し指と中指だけでキーボードを見ながら文字を打つ方法で、

20年近くやって来ました。

ですから、打つ速さはそれなりにあるとは思いますが、

ブラインドタッチを使いこなせている人に比べれば遅いです。

それに、むちゃくちゃなやり方であることに変わりはありませんので、

疲れてしまいます。

 

音声入力はすごいです!

手を全く動かしてないんですから!ぼそぼそ喋っているだけで、

テキストが形成されていくんですよ!?

この労力の差に驚きを禁じえません。

 

警務部長が 3 p だった話でも書きましたが本当に実際にやってみないと

分からないものです。

 

3 p の変換やばいですねw

さんぴーちゃいますよ、本当はスリーピー(sleepy)ですよ!

面白いのでこのままにしておきます。

 

 

 

パソコンの前に座らなくていいのがすごい

目が疲れて、休憩がてら寝っ転がりながらでも文章が作成できます。

この方法、文句なくオススメします!

 

僕のブログを読んでくださっている方の中で、ご自身もブログを

書いていらっしゃる方、音声入力を使わない手はないです。

 

質よりまずは量。

僕もまずは、1つでも多くのブログを書いて経験値を積み重ねることで

文章の質を上げようとしています。

 

今回の音声入力1つを話題にしてみても、新しくて面白い発見があり、

面白くもお役に立てるレビューに仕上がりました。

付随して木の枝が増えていくようにアイデアが湧いてきます。

とにかく書くことのメリットを実感しています。

 

それだけでも、ブログを始めて本当に良かったと思います!!

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/mq8o3731b1h6/