年収2,600万、現物資産2億円メソッド

失敗しない不動産投資の術策をお届けします!

ブログ作成は警察論文の練習になります!

 

 

f:id:integralfirm:20190226145310p:plain

手書きの仕事が多い警察官

まず、他の公務員同様、警察官は手書きで文字を作成する機会が多いです。

始めは何といっても、採用試験の論文試験です。

そして、警察学校内での試験も手書き。

学校内では(すくなくとも奈良は)パソコンを使う機会はほぼありません。

 

学校を卒業して、いよいよ念願の第一線です!

 

パソコンの台数がたりませ~~ん!

所内はパソコン待ちか、しょうがない、交番でやるか・・・

 

 

 

 

 

ネットつながってないけどな

 

 

 

 

 

第一線に出ると、パソコン打ちでも文章の作成ができる仕事が多いです。

地域デスクや刑事等は自分のパソコンがあるのでいいのですが、

交番の人たちには専用のパソコンがありません。

なので、虫食い式の書類を大量にブリーフケースなどに常備し、現場でないのに固有名称や住所を手書きでうめて作成するのです。

 

測量士試験を受けたことのある方はいますか?

建築士でも良いですけど、紙に図面を書く時代遅れの実技試験があるらしいですね。

あれ、捜査の世界では最先端手法です!!!!!

 

くだらない申告の言葉を噛んで腕立て伏せも良いけど、

授業でCADの教養をした方がずっと優秀な捜査員が育つと思います。

 

失敗した時の始末書、心のこもった手書きで反省の意を表します。

 

そして、昇任試験はもちろん手書きです。

僕は、字が丁寧に書けなかったから、6年間昇任試験に受からなかったのだと確信しています。

 

 

 

手書きが多いのにブログで練習する理由

USE-Kは、昇任試験に落ちたけど、採用試験の論文は通過しました。

ということは、「判読できる四角い文字」でさえ書けば、中身を採点してもらえるということになります。

さらに、誤字脱字と文法が意味不明にならないよう、大幅な書き直しにだけは気をつけて書いていくと、時間が余ります。

気をつけて書いても時間が余るのですから、その分を丁寧に書くことに使えばいいのです。

 

僕が言いたいこと、お分かり頂けたでしょうか?

 

丁寧に書く時間は十分にあるから、パソコンを使って数多くアウトプットして、構成力や語彙力を伸ばしたほうが良いということです。

頭からスラスラ言葉が出てくるようになると気持ちに余裕ができて、結果、字が丁寧に書けることにもつながるのです。

 

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/mq8o3731b1h6/