年収2,600万、現物資産2億円メソッド

失敗しない不動産投資の術策をお届けします!

武道の段位を持ってなくても受かるから、なりたいなら採用試験を受けろ

 

 

f:id:integralfirm:20190228080455p:plain

学校で初段を取るので心配いりません

警察官採用試験を受ける時に、これを不安に思う受験者は非常に多いし、かつての僕も同じでした。

警察側も毎年この質問が大量に来ることを想定しています。

ですから募集サイトに、よくある質問と回答のような項目があればご覧になってください。

この武道の段位に関する質問と回答も掲載されているはずです。

 

 

 

ただ初段を持っているだけでは加点されない

加点されても、採用試験全体の分母が500点であるとすると5点程度でしょう。

全国大会出場レベルで活躍している人であれば別です。

特練といって、将来の新人警察官に対する武道の育成者としてのキャリアパスがあるので、その道にすすむ「武道の練習が仕事」になる方は加点されます。

 

そんなスペシャルな人が、一体何人いるのでしょうか?

東大生より少ないはずです。

しかも民間の実業団に入る人たちも大勢います。

民間だけでなく自衛隊も積極的にスカウトします。

 

なので、段位がないから試験に不利なんてことは一切ありません。

 

 

 

 

 

ほぼ全員、警察学校で取得します

既に講道館・日本剣道連盟の初段以上をもっている方は、その段位がそのまま警察柔道・剣道の段位として付与されます。

 

持っていない人は、初任科の期間中、遅くても初任補習科の期間中に全員取得しなければならないので、取らせてもらえます。

注意すべきは、警察柔道・剣道の初段を学校で取得して、それを根拠に講道館・日本剣道連盟の初段が付与されるような虫のいい話はありませんので、ご注意ください。

 

 

 

プラスアルファの前提から固めましょう

今回の武道の段位に関する話は、

 

  どんな資格を取っておけばいいですか?

 

という質問に似ています。

 

自動車運転免許

普通自動二輪運転免許

 

どれも役に立つし、必ず必要です。

ですが、これは採用試験に合格してから警察学校入校までの期間で取得できます。

内部検定も武道と同じで学生の間に取ります。

 

  サイバー捜査官 

  ヘリのパイロット

 

のような専門員は、募集要項に事前取得が「必須」であると明記されています。

 

警察官採用試験を合格するためにすべきは、資格や武道でなく、

筆記試験、体力試験、面接試験対策をひたすらやることなのです。

 

前提条件をクリアすることに専念して欲しいし、組織もそれを求めています。

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/mq8o3731b1h6/